お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




通貨・両替・チップページトップへ>

通貨・両替・チップ
通貨

通貨単位はペソPeso。一般にN$と表記される。ペソの補助単位がセンタボCentavo。N$1=100Centavo。メキシコのインフレ率は毎年5~10%程度。
紙幣は20、50、100、200、500、1000。流通している硬貨はペソが1、2、5、10、20、センタボが10、20、50。

両替

大都市(メキシコシティ・カンクン)では日本円からの両替は可能ですが、為替レートがよくないので、USドルからの方が良いです。
町の至る所に両替所(CASA DE CAMBIO)があります。ホテルで両替するとレートは悪いです。また、都市ではATMがたくさんあり、クレジットカードでキャッシングするのも便利です。買い物(一部の店)やチップはUSドルで可。

チップについて

レストランでは総額の10~15%。(おつりの小銭はテーブルに残すのが基本)
ホテルのポーター、ベッドメイキング等、1USドルくらい。ツアーガイド、ダイビングガイド等N$50程度。


気候・服装ページトップへ>

気候・服装
気候

メキシコは北半球にあるので、暑い時期、寒い時期とも日本と同じ。5~10月が雨季となり、11~4月が乾季となる。雨季は昼間に晴れていても夕方に雷雨に遭うというのが一般的だが、低気圧の停滞によって雨が降り続くこともある。また年によってハリケーンが襲来し、カリブ海側やメキシコ湾岸に被害が出るケースもある。メキシコ・シティなどの高地や、ロスカボスなど砂漠に囲まれたエリアは、昼と夜の寒暖差が激しいので注意が必要です。

時差

日本との時差は-15時間。4月の第1日曜~10月の最終日曜までは、サマータイムがメキシコ全土で実施されている(ソノラ州を除く)。この期間のCSTのカンクンやメキシコ・シティの日本との時差は14時間遅れとなる。


基本情報ページトップへ>

基本情報
 
首  都 メキシコシティ
面  積 196万4375km2(日本の約5倍)
人  口 1億1065万人
言  語 スペイン語
民  族 メスティソ(先住民とスペイン系白人の混血)約60%、先住民約25%、
スペイン系白人約15%。ほとんどの白人は上流階級に属し、
逆に先住民は依然として貧しい生活を強いられている。
宗  教 90%がカトリック
電  圧 115~127ボルト
周波数 60ヘルツ
プラグタイプ

日本と同じ(Aタイプ)形ですが、そのままメキシコで使うことは、できません。